看護師の転職

あるデータによると、看護師の約8割の方が転職の経験があり、さらにそのうちの約5割の看護師が2回以上の転職の経験があるということです。ですから、転職と言っても違う職種に変わるのではなくて、今いる職場よりいい条件の職場を求めて転職をするということのようですね。

 

看護師の仕事はきつくて、大変な仕事だということはよく知られています。医療の高度化、複雑化に伴って看護師の仕事の内容はさらに増えて、高い能力、幅広い知識が求められるようになってきているようです。常に新しい医療機器の使い方を覚えなければならないし、新たな看護技術の知識も増えるので、負担は大きいと思います。もちろん、看護師以外のどんな仕事でも簡単なものはないとは思いますが、やはり人の命や健康にかかわる仕事というのはそれだけでも相当なプレッシャーのかかる仕事だと思います。

看護師年収高非公開ナーシル|本当に満足できる看護師転職

高齢化社会が進む中、慢性的な看護師不足は大きな社会問題となっています。しかし看護師は、昔から女性の人気職業の上位にランキングされる職業だそうで、毎年の看護師試験受験者も多いそうです。看護師免許を持っているのに、色々な事情、例えば小さなお子さんがいて働きにくいなど、現在看護師として働いていない人もたくさんいるそうです。ですから、働きやすい職場環境や待遇を整えて看護師不足を解消できるようにしてもらいたいと思います。

 

最近のバレンタイン

私は年と共にバレンタインのチョコがだんだん減っていき、とうとう今年はチョコが一つもないという状況になってしまいました。

 

だんだんこういう立場になってくると、どうしたらチョコを貰えるのかが分からなくってきました。いわゆる、義理チョコという物でも良いのです。何でも良いのです。でも、何もないのです。

だいたいが男ばかりの職場で、掃除のお婆さんに、『義理チョコ貰えませんか』と冗談で言ったのですが、『は、なんじゃそれ?』と言われてしまいました。

『あのう、義理でチョコをあげることです』と無駄だと思いつつ言ってみると、『あんたに義理はないはずや』と真面目に答えられてしまいました。こういうやり取りがしばらく続き、だんだんと私は空しさを覚えていきました。『この日はもっとウキウキする日なのに、自分は掃除のお婆さんとのシビアな会話を楽しまなくてはならないのか』と、少し自虐気味になりながら私は帰途につきました。

 

あぁ、来年こそは一つでいいからチョコを貰いたい、ひょっとしたらあのお婆さんがくれるかも……そんなことを密かに願っている、最近の私なのでした。

今日の晩御飯

本日の我が家の晩御飯はいつもよりもかなり手間のかかったご飯でした。

どういった内容かというと手作りのいなり寿司となすとたまねぎ、ウインナーの天ぷらに加えみそ汁でした。

一見統一感のない内容の料理ですが一から手作りなのでとてもおいしく食べることができました。

作ってくれたのは奥さんなのですが初めてのいなり寿司でなかなか悪戦苦闘したようなのですが甘さ控えめの仕上がりで

とてもおいしく食べました。

天ぷらは天ぷら粉を使ったもので過去に作ったことはあったのですが特にウインナーが美味しかったです。

初めてウインナーにチャレンジしたのですが以前某うどんのチェーン店で食べたことがありとてもおいしかったので

作ってみようという話になりました。

めんつゆと塩の味付けで食べたのですが特に塩をつけて食べたウインナーは絶品でした。

ソースを透けて食べても美味しいと思うので今度はそうやって食べてみようと思います。

今日くらいから秋をすごく感じたので近く鍋をしたいと思います。

ほろよい気分でいい気分

昨日、久しぶりに大学時代の友人と食事に行きました。

食事というより、飲み会という方が正しいかもしれませんが…さすがに大学生の頃のような無茶な飲み方はしませんでしたよ。

というか、今あんな飲み方をしたら、翌日動けなくなってしまうかもしれません。若さってすごいですね、向かうところ敵なし、という感じです。

それでも飲み放題コースにして、2時間で5杯ほど飲んでしまったので、帰る頃には立派な千鳥足。

アルコール許容量は可もなく不可もなく、という程度かと思っていたのですが…久しぶりに飲んだせいでしょうか…。

そこの居酒屋は和・洋の創作料理がメインのお店だったのですが、やっぱりおつまみが美味しいとお酒が進みますね。

どれも美味しかったのですが、焼きカマンベールチーズのまったりとした味わいがなんとも言えず…普段、日本酒ばかりの私ですが、ワインをオーダーしない筈がありません。

…と、そうやって考えてみると、日本酒を飲んだ後にワインを飲んだのも、酔いの原因のひとつかもしれませんね…。

お酒は、ペースも種類も、計画的に。

 

茄子の他にも塩もみや漬物してみたい

昨日、今日食べるための茄子の漬物を作ろうと思っていたのですが、検索してレシピを見るとみょうばんというものが必要だったり、茄子に圧力を加えないといけなかったりで面倒だったので代わりに塩もみにすることにしました。

塩もみはすぐ作れるので今日の昼食前に作ってみたのですが、ほんの一手間で茄子がこんなに美味しくなると知りとても驚きました。

こういう一手間で美味しくなる方法をもっと知りたいと思います。

 

なぜ茄子をそうすることにしたかと言うと、我が家では今茄子がよく取れており、毎日食卓に登るのでその消費を手伝うこと、そして自分に出来ることを増やすためにそうすることにしました。

非常に簡単だったので次はゴーヤでやりたいと思います。

これも我が家では今たくさん取れて野菜置き場にたくさん置かれ、そして毎日食卓に登ります。

今日はベーコンとの味噌炒めとして出ましたが中々いけました。

 

あと我が家は卵がいつも常備してあるのですが、その漬物もしてみて良いかもしれません。

卵の味噌漬けってたまに美味しいと言われているのを目にします。

台風とおじいちゃん

台風が来ると、おじいちゃんは決まって、外の物置の周辺や、裏のかごやバケツ、様々なものを片付け始めます。

おじいちゃんは85才なので、片付けるのも時間がかかります。

数時間かけて、家の周りを片付けています。

そんな時は決まって、大した被害もないものです。

今回の台風でも、おじいちゃんは頑張って片付けていました。

庭に、水のはっていないイミテイションの池があるのですが、その池が、今回の台風中、排水口が詰まっているのか満水になってしまいました。

おじいちゃんは、じっとしていられず、カッパを着て暴風雨の中、排水口をいじり始めました。

さすがに、この悪天候の中では危ないと思い、母に注意してもらって、渋々家に戻っていました。

よくニュースでも、台風の際にお年寄りが怪我をしたとか聞きますが、我が家からも、けが人が出かねません。

台風が去ってからやればいいのにと思いますが、お年寄りは、思い立つと我慢がならないのですね。

とにかく怪我のないようにと思いました。

人間にはある程度の自由が必要です

眠くなったら寝て起きたくなったら起きて、お腹がすいたら食べるような自由な生活ができたらどんなに幸せだろうと思いますが、こんな生活を送っているのは生まれてしばらくの間の赤ちゃんだけかもしれません。

お年を召した人で働いていない生活を送っていたとしても、起きたいときに起きて寝たいときに寝るなんて生活はしていないことでしょう。

このような自由気ままな生活をすれば健康でいられるのかもしれないと想像しながらも、それでも自由過ぎて規制がない生活を送ることは必ずしも健康にいいことばかりではないんじゃないかと想像したりもするのです。

ただし毎日規則正しい生活を送ることも同じように健康になる保証が何一つとしてないわけで、それならば少々の自由はあった方が精神的にも楽だと思っています。

食べたいときに食べることはある程度自由にできますが、社会人でも学生でも朝早く起きなければいけなかったり、決められた時間に起きる習慣はストレスになりそうな気がします

 

古本で手に入れた、マイケル・ジャクソンの本

昨日古本屋巡りをしていたのですが、大好きなマイケル・ジャクソンについて書かれた本があったので、つい買ってしまいました。80年代に出版されたものなのですが、今とは違う視点で書かれていて、とても面白かったです。

 

これは単なる伝記物ではなく、80年代のブームに至までの背景に焦点を当てたもので、アメリカ社会や黒人文化の歴史が貴重な資料と共に読み取れる、私にとってはとても興味深い内容でした。

 

私はこの本を読んで、あらためてマイケルが黒人なのだということを思い出しました。それは、いかに彼が白人社会に溶け込み、そして受け入れられていたかを物語るものなのですが、これは口で言うほど簡単なことではないのです。

白人主流のアメリカで認められるには、死に物狂いの努力が必要であったということが、この本を読んでひしひしと伝わりました。彼があれほど明るく、パワフルな歌を歌っていた背景には、とても過酷な物語が隠されていたのです。

 

私はこの本を読んで、ますますマイケルのことが好きになりました。今日の夜にでも、久しぶりに昔のアルバムを出して聴こうと思っています。

仕事場に送迎バスで通勤です

さあ仕事に行こう、夜勤ですから。電車で2駅、其処から送迎バス。

座れるからいいですよね、バスで立っていくのは少々難ありと言うところです。やはり昼勤の人のほうが多いです。

 

何処でもそうだと思いますが、バスは市バスみたいに乗るところと降りるところが分かれていない。乗降口は一箇所だけ、降りる人が降りてから乗りこむそんな感じですね。

まだ日が浅いんで良くわからないですけど挨拶はしておかないと駄目ですね。

 

それで連れて行ってくれます。仕事場も「こんばんは」でいってるんですが問題ないでしょう。但しえらいさんがバスに乗っている場合わからないからちょっと困るんです。そんなことないでしょうけど。

 

それから女性でも管理職の人おられるから注意しないといけませんね。それとバスの運転士さん、結構情報持っている可能性があるんで適当にしていたら駄目ですね。私はバス通勤したことないですから。皆さんお疲れ様です。「お疲れ様です」が一番良いかも知れませんね。

秋を楽しみましょう

秋になると、いろんな所に出かけたいなって思います。

お弁当を持って公園に行くだけでもいいのですが、なかなか忙しくて余裕がない毎日です。

たまには自然に触れてゆっくり一日過ごせたらいいのですが。

理想は、彼氏と休日にスポーツとかしたいのですが予定も合わずというかんじです。

マラソンも一時期していましたが、夏は暑いとさぼって再開していません。

近頃は仕事でへとへとになってしまってマイナスなことばかりです。

そういうときこそ、ちょっと体と動かしたほうがすっきりするとわかってはいるのですが、腰が重たいですね。

ですので、この秋は健康や美容の秋と思って、体にいいおいしい物を食べたり、自分を癒すようにマッサージしたり美容に力を入れてみようかなと思います。

恋人に会えないと寂しいですが、自分で楽しむ時間をしっかり今のうちに楽しんでおくというのは必要だなと思います。言い聞かせているのかもしれないですけどね。

きっと楽しんで恋人を忘れているくらいのほうが、追いかけてきてくれるんですよね?

そう思って秋も楽しみたいと思います。